SSブログ

サインイン時のパスワードの代わりにPINコードを使う(8/21) [-アカウント]

スポンサードリンク




パソコンにサインインする時は、セキュリティを確保するために英数文字で10文字を超えるパスワードを入力しなければならないので毎回面倒です。

Microsoft社では、サインイン時のパスワードの代わりにPINコードを推奨しています。PINコードは4桁~8桁の数字を使いますが、簡単に入力できるように4桁の場合が多いようです。

PINコードはMicrosoftアカウントと紐付けられますので、Microsoftアカウントで利用できるサービスはすべて利用できます。

PINコードが4桁で安全なのかと心配になりますが、PINコードが使えるのはPINコードを登録したデバイス(パソコンやタブレット等)だけです。

例えば、PINコードを盗まれても、PINコードを登録したデバイスがなければサインインできません(PINコードを盗んだ本人のデバイスでPINコードを入力してもサインインできません。)

もしもPINコードを忘れた場合でも、Microsoftアカウントのパスワードも使えます。長いパスワードの入力が面倒な人は、PINコードを使うと便利です。

操作は以下の通りです。

(1) [スタート]ボタン→[設定]→[アカウント]を順に選択します。

(2) 左領域の[サインインオプション]の項目をクリックし、右領域の「PIN」の項目[追加]ボタンをクリックします。

20160717-01a.png

(3) 現在サインインしているMicrosoftアカウントのパスワードをキー入力し、[サインイン]ボタンをクリックします

20160717-02a.png

(4) 自分で任意に決めたPINコード(例:数字4桁)を2度キー入力し、[OK]ボタンをクリックします。

20160717-03a.png

(※ 入力したPINコードがパソコンに登録され、「PIN」の項目には、[変更]と[削除]のボタンが表示されます。)

20160717-04a.png

■ PINコードの変更

[変更]ボタンをクリックします。

20160717-08a.png

(※ 現在のPINコードを1度、新しいPINコードを2度キー入力し、[OK]ボタンをクリックしてその後のメッセージに従います。)

20160717-08b.png

■ PINコードの削除

[削除]ボタンをクリックします。

20160717-07a.png

(※本当に削除してよければ[削除]ボタンをクリックします。)

20160717-07b.png

■ PINコードを忘れた場合

[PINを忘れた場合]をクリックします。

20160717-06a.png

(※続けてもよければ[続行]ボタンをクリックし、その後のメッセージに従います。)

20160717-06b.png

【参考】
・パソコンにサインインする時は、今までパスワードを入力していた欄にPINコードをキー入力します。

20160717-05b.png

・PINコードを忘れてしまった場合は、[サインインオプション]をクリックします。

20160717-05c.png

表示されたMicrosoftアカウントのパスワードのアイコンをクリックしてからパスワードをキー入力します。

20160717-05d.png


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。